秋冬生まれの退院服




退院服の選び方のポイント


入院の時に準備したい赤ちゃんの退院服。 生まれたての赤ちゃんのサイズにあったものや肌に優しいものを選びましょう。 退院の時だけではなく、普段の洋服やお宮参りに使えるデザインならその後も長く使えます。
記念に残る時だからこそお気に入りのデザインを選んであげたいですね。

セレモニードレスが使えるイベント

・お七夜
・お宮参り
・お食い初め
・ハーフバースデー
退院後も成長をお祝いする行事や、親戚へのお披露目など着る機会はあるので、活躍すること間違いなしです!



秋冬の退院服の着せ方



01
ベビー退院服 セレモニードレス

9月~11月生まれ

短肌着の上にコンビ肌着、ドレスを重ねます。
靴下も忘れずに。寒そうであれば、さらにおくるみで包んであげましょう。
ベビー退院服 セレモニードレス
02
ベビー退院服 セレモニードレス

12月~2月生まれ

短肌着の上にコンビ肌着、カバーオールやドレスを重ねます。
寒くなる季節なので、さらに秋冬用のおくるみや裏ボアのアウターを重ねるのがおすすめです。
ベビー退院服 セレモニードレス


秋冬におすすめの退院服


01
ベビー退院服 セレモニードレス

秋冬向けセレモニードレス

秋には長袖のセレモニードレスを、冬には中綿のベスト付きデザインがおすすめ。
10moisのセレモニードレスはすべて日本製で肌触りの良い素材を使っているので、新生児の赤ちゃんにも安心です。
セレモニードレス 退院服 BUY
セレモニードレス 退院服 BUY
セレモニードレス 退院服 BUY
セレモニードレス 退院服 BUY

02
ベビー退院服 セレモニードレス

普段使いも出来る2wayドレス

秋冬素材の2wayドレス(オール)は普段も使えるので、退院服にぴったり。
起毛素材やキルトは暖かく肌触りも◎
セレモニードレス 退院服 BUY
セレモニードレス 退院服 BUY
セレモニードレス 退院服 BUY
セレモニードレス 退院服 BUY



ベビー退院服 セレモニードレス
赤ちゃんの肌に直接触れる衣服はあらかじめ水通しをしておくことをおすすめしています。
水通しの仕方は特集を参考にしてみてくださいね。





お役立ちグッズ


01
ベビー退院服 たまごマットおくるみ

たまごマットおくるみ

まだ首のすわっていない赤ちゃんを抱っこするのは大変。たまごマットおくるみで包むと、マットが支えてくれるので安定し、初めてでも上手に抱っこ出来ます。 秋冬用のたまごマットおくるみは暖かく、外出時も重宝します。
セレモニードレス 退院服 BUY
セレモニードレス 退院服 BUY
VIEW MORE


02
ベビー退院服 たまごマットおくるみ

新生児から使えるアウター

新生児から100cmまでと長く使えるベビーマントや裏ボアがあたたかいボディオールなど寒い季節にプラスワンしたいアウター。
外出時にさっとくるめて便利です。
セレモニードレス 退院服 BUY
セレモニードレス 退院服 BUY
VIEW MORE


02
ベビー退院服 patto satto hadagi ベビー肌着

PATTO SATTO HADAGI

3ステップで簡単お着替えができる肌着です。紐を結んだり、ボタンを留めたりする必要がないので、特に着替えの回数が多い新生児期に便利です。
春夏向けの退院服 BUY
春夏向けの退院服 BUY
春夏向けの退院服 BUY
春夏向けの退院服 BUY
VIEW MORE





Recommend

あわせて読みたい記事

出産準備リスト
セルフねんね
たまごマットおくるみsleep
授乳クッション特集
ワフィト スキンケアアイテム
母子手帳ケース


Ranking
ランキング

ALL Wear Goods Gift