column

コラム

兄弟へ贈る出産祝いの相場|プレゼントを選ぶポイントやおすすめ商品も解説

兄弟へ贈る出産祝いの相場|プレゼントを選ぶポイントやおすすめ商品も解説

兄弟・姉妹に赤ちゃんが産まれるのは、とても嬉しい事ですよね。出産祝いを贈りたいけれど、大切な身内だからこそ、どのくらいの金額で何を贈ったら良いのか分からないという方も多いのではないでしょうか。 また、初めて出産祝いを贈る場合には、何を贈ったら良いか悩みますよね。この記事では、兄弟や姉妹へ贈る出産祝いの相場やプレゼントを選ぶ際の注意点やポイントについて解説します。予算別のおすすめの商品についてもご紹介しますので、参考にしてみてください。 Contents 出産祝いとは? 兄弟の出産祝いの相場 兄弟への出産祝いで注意すべき点 兄弟の出産祝いを選ぶポイント 【予算別】兄弟への出産祝いにおすすめギフトセット まとめ 1.出産祝いとは? 出産祝いとは、赤ちゃんの誕生を祝福して、お祝い金やプレゼントを贈る習わしのことです。 赤ちゃんの誕生を祝福する気持ちの他に、出産後のママを労う気持ちや、新しい家族を迎えたパパ・ママを祝福する気持ちも込められています。 出産祝いを贈るのに適したタイミングは、赤ちゃんが産まれてから7日後~1か月頃とされています。 とはいえ、状況は人によって様々ですので、ベストなタイミングは異なります。 先方に確認を取ってから、郵送や直接会いに行って渡すのが良いでしょう。 2.兄弟の出産祝いの相場 兄弟の出産祝いの場合は、現金を贈ることが多いです。兄弟姉妹の出産祝いの相場は、5,000円~30,000円と幅がありますが、相場はあなたが兄・姉なのか、弟・妹なのか、既婚か未婚かによっても変わります。 以下で、それぞれのケースの相場について解説します。 兄や姉に赤ちゃんが産まれた場合 兄や姉への出産祝いは、5,000円~20,000円が相場といわれています。出産祝いを贈る側が学生である場合は、無理のない範囲で3,000~5,000円程度にする人が多いようです。ただし、出産祝いを贈る側の年齢や立場によるため、無理のない範囲で検討して出産祝いを贈ると良いでしょう。 弟や妹に赤ちゃんが産まれた場合 自分よりも年齢が若い弟や妹への出産祝いの相場は、20,000~30,000円といわれています。多くの場合、兄姉よりも少し金額を増やして出産祝いを贈るようです。ただし、出産祝いを贈る側の年齢や立場によるため、無理のない範囲で検討して出産祝いを贈ると良いでしょう。 贈る側が未婚・既婚かによっても相場は変わる 出産祝いの相場は、例えば、20代独身では5,000円程度、30代既婚では10,000~30,000円となるようです。出産祝いの相場に悩む場合は、両親や親族に相談することをおすすめします。既婚の場合、兄弟姉妹に出産祝いを贈るときは夫婦連名で渡すケースが多いようです。そのため、結婚している人が出産祝いを贈るときは、未婚の方よりも相場は上がるようです。 3.兄弟への出産祝いで注意すべき点 兄弟姉妹へ出産祝いを贈る際には、注意点があります。以下で、5つの注意点について解説します。 縁起の悪い数字は避ける 出産祝いに現金を贈る場合には、「4」や「9」の付く金額は避けてください。「4」と「9」は死や苦しみを連想させて、縁起の悪い数字です。家族や親族とお祝い金を合わせる場合も、合算金額が「4」と「9」にならないように、気をつけましょう。 双子は2人分の出産祝いを贈る 兄弟姉妹に双子の赤ちゃんが産まれた場合には、2人分の出産祝いを贈ることがマナーとされています。現金を1人10,000円贈る場合は、合わせて20,000円を包んで贈りましょう。プレゼントも同様に、色違いやお揃いの服やアイテムを2人分用意して贈ると良いでしょう。...

出産祝い 予算5000円

予算5000円で出産祝いを選ぶには?贈る際のマナーや注意点、おすすめの商品も解説

出産祝いの金額の相場は、贈る相手との関係性によって異なります。身内や親族の場合は5,000円以上が相場であるため、プレゼントを選ぶ際は事前の確認が必要です。この記事では、出産祝いの相場やプレゼントの選び方、贈る際のマナーを解説します。出産祝いにおすすめのプレゼントも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。 Contents 出産祝いで予算5000円は少ない? 予算5000円で出産祝いを選ぶ際のポイント 出産祝いのマナー違反になる贈りもの 出産祝いに現金を贈る際のマナー 出産祝いを贈るタイミング 出産祝いを渡す際のマナー 出産祝いにおすすめの商品3選 まとめ 1.出産祝いで予算5000円は少ない? 出産祝いに5000円程度のものを贈るのは問題ありません。ただし、贈る相手との関係によって金額が異なる点に注意が必要です。相手との関係が近い場合は、金額が上がります。あまりにも気を遣わせたくない相手には、予算5000円はちょうど良いと言えます。以下の相場を参考に、プレゼントを選びましょう。 2.予算5000円で出産祝いを選ぶ際のポイント 5,000円で喜ばれるプレゼントには共通点があります。ここでは、出産祝いを選ぶ際のポイントを解説します。 実用性の高いものを選ぶ オムツやタオルなどは使用頻度が高いため、多くもらっても困らないプレゼントです。消耗品だけではなく、新生児期から幼児期まで使えるスリーパーやブランケットなどもおすすめです。出産祝いのプレゼントは、使い回しやすい、衛生管理の手間の少ないといった点を考慮したうえで選びましょう。 いくつあっても嬉しいアイテムはこちら スリーパーはこちら ブランケットはこちら 高品質なものを選ぶ 普段は買わないようなものは、特別感のあるプレゼントとして喜ばれます。赤ちゃんのデリケートな肌をいたわる高級な素材のものがよいでしょう。綿100%やオーガニック素材がおすすめです。触り心地のよい上質な素材は、品質の高さを感じてもらえます。 オーガニックアイテムはこちら ママが喜ぶプレゼントを選ぶ 出産祝いは、ママ向けのものも喜ばれます。妊娠中や出産時をいたわる気持ちが伝わるプレゼントを贈りましょう。リラックスできるアイテムやケアアイテムを贈ると、出産のねぎらいの気持ちを込められます。産後の美容に使えるアイテムもおすすめです。プレゼント選びに迷う場合は、事前に欲しいものを聞いておくとよいでしょう。 ママ向けアイテムはこちら 3.出産祝いのマナー違反になる贈りもの 出産祝いには不適切なものがあるため、事前に把握して避けることが重要です。ここでは、マナー違反になる贈りものについて解説します。 日本茶 日本茶は、葬式の香典返しで使われるという印象が強い品物です。弔事を連想させることもあり、出産祝いには不適切とされています。ただし、カタログギフトを贈り、日本茶を選ぶ場合であれば問題ありません。 刃物類...

3人目の出産祝いギフト 嬉しかったもの

3人目の出産祝いで嬉しかったもの|プレゼントの選び方や贈る際のマナーを解説

3人目の出産祝いは消耗品や実用的なものだけでなく、兄弟姉妹でおそろいにできるグッズが喜ばれます。1人目や2人目と同じように、相場やマナーなどを考慮してプレゼントを贈りましょう。この記事では、3人目の出産祝いに嬉しかったものやリクエストを聞く方法、おすすめの商品などを解説します。出産祝いを選ぶ際に、ぜひ参考にしてください。 Contents 三人目の出産祝いで嬉しかったもの 三人目の出産祝いの相場 三人目の出産祝いを贈る際のマナー 三人目の出産祝いのリクエストを聞く方法 三人目の出産祝いの選び方 三人目の出産祝いにおすすめの商品3選 まとめ 1.三人目の出産祝いで嬉しかったもの 3人目の出産祝いは消耗品やベビー服、兄弟姉妹おそろいのグッズ、ママ向けの商品が喜ばれます。 兄弟姉妹がおそろいで使えるグッズ 3人目の子どもが産まれた直後は、忙しくて上の子にかまえない時期があります。兄弟でおそろいの服やグッズを選ぶと、上の子がさみしい思いをせず、気の利くプレゼントとして喜ばれるでしょう。 おそろいコーディネートの子ども達をSNSにアップして楽しむママにも、おすすめのプレゼントです。 寝冷え防止に活躍するスリーパーは、新生児から3歳頃まで使えるベビーサイズと、2歳から7歳頃まで使えるキッズサイズがあります。兄弟姉妹でお揃いで使えるアイテムとしておすすめです。 スリーパーはこちら 大きめのベビー服 ベビー服を贈る場合には、赤ちゃんが成長することを見越して少し大きめの服を選びましょう。赤ちゃんの成長速度が早い場合は、1か月経過すると服のサイズが合わなくなります。90〜100センチの服は2歳前後まで着られる場合もあるため、おすすめです。ベビー服のサイズがわからない場合には、相手に確認したうえでサイズを選ぶとよいでしょう。 10moisのお洋服はこちら ママが喜ぶプレゼント 出産祝いには、ママ向けの商品が多数あります。出産後は心身ともに疲弊しているため、スキンケアアイテムやバスグッズなどは、疲れを癒やせるプレゼントとして喜ばれるでしょう。赤ちゃんのお世話や家事の合間でも食べやすい食品を選ぶと、ママの体を労わる気持ちが伝わるプレゼントになります。 ママのスキンケアアイテムはこちら 消耗品 タオルや紙おむつなどの消耗品は使用頻度が高いため、出産祝いに喜ばれるプレゼントです。新生児サイズの紙おむつは、すぐに履けなくなる可能性があるため、出産祝いには、Sサイズを選ぶとよいでしょう。レトルト食品やお菓子などのベビーフーズも、出産祝いに人気です。 おむつはこちら 2.三人目の出産祝いの相場 3人目の出産祝いの相場は、贈る相手との関係性によって異なります。以下の料金を目安にして、プレゼントを決めましょう。 3.三人目の出産祝いを贈る際のマナー   3人目の出産祝いは金額やプレゼントの選び方、時期に配慮しましょう。ここでは、出産祝いを贈る際のマナーについて解説します。...

出産準備にかかる費用はいくら?|費用の相場やもらえるお金なども解説

出産準備にかかる費用はいくら?|費用の相場やもらえるお金なども解説

現在妊娠中の方も、これから赤ちゃんを迎えようと考えている方も気になるのが赤ちゃんの出産準備の費用。特に初めての出産の場合、何にいくらかかるか想像つかないことも多いかと思います。この記事では、出産時に必要となる費用や出産費用の負担を軽減してくれる制度や給付金、節約の方法について詳しく解説します。これから出産を控えている方はぜひ参考にして下さい。 Contents 出産準備はどんなことにいくらお金がかかる? ・分娩費用と入院費用 ・妊婦健診の費用 ・マタニティー用品、ベビー用品にかかる費用 双子の場合にかかる費用 お祝いのお返しにかかる費用 出産準備費用を節約するためには 妊娠や出産で利用できる制度や給付金 ・妊婦健診等の助成 ・出産育児一時金 ・出産手当金 ・育児休業給付金 ・乳幼児医療費助成制度 ・医療費控除 ・児童手当制度 まとめ 1.出産準備はどんなことにいくらお金がかかる? 妊娠から出産までに必要な費用は大きく分けて、分娩費用と入院費用、妊娠中の健診費用、マタニティー用品、ママの入院準備用品、ベビー用品にかかる費用の5つです。 妊娠や出産は病気やケガではないため、健診費用や分娩費用、出産費用は健康保険が適用されず、全額自己負担となります。また、マタニティー用品やベビー用品は、どんなものを選ぶかによって金額が大きく異なってきます。各費用ごとに詳しく説明していきます。 かかる費用 自己負担金 分娩費用と入院費用 50〜55万円  5〜10万円 妊婦健診の費用  (1回につき)3,000〜7,000円 30,000〜70,000円 マタニティ用品の費用...

出産準備リスト マタニティ ベビー用品

マタニティから産後まで!揃えておきたい出産準備リスト

出産準備品はお住まいの環境や季節によって必要なものが変わります。安心して赤ちゃんを迎えることができるように、マタニティ期から産後まで揃えておきたいものをご紹介します。 マタニティ~入院まで!ママの出産準備リスト 妊娠初期・妊娠中期~後期 妊娠初期 アイテム ポイント 母子手帳ケース 自治体で発行される母子手帳に合うサイズを準備。 マタニティサプリメント 不足しがちな栄養素やベビーが健やかに成長するために必要な栄養素を摂りましょう。 ノンカフェインの飲み物 妊娠中はたくさんの水分補給が必要です。 妊娠中期~後期 アイテム 数の目安 ポイント マタニティブラジャー 5-6枚 徐々に大きくなってくるバストのために。締め付けは乳腺の発達に良くないことも。 マタニティショーツ 6-7枚 すっぽりとおなかを包めるものがおすすめ。 腹帯、はらまき 1-2枚 おなかを冷えから守ったり、おなかを支えるのに必要なアイテムです。 抱き枕 1個 妊娠中は寝苦しさのサポート、産後は授乳クッションとしても使えます。 マタニティウエア -...

出産前にプレゼントを渡す際のマナーとは|注意点や、おすすめの贈り物も解説

出産前にプレゼントを渡す際のマナーとは|注意点や、おすすめの贈り物も解説

一般的に、出産祝いは出産した後にプレゼントを贈りますが、贈る人の事情を考慮して出産前に渡す場合があります。ただし、贈る際のマナーを守ったり、出産前のプレゼントとして不向きなものを避けたりするなどの配慮が必要です。この記事では、出産前のプレゼントの選び方やおすすめの商品、贈る時期などを解説します。ぜひ参考にしてください。 Contents 出産前に出産祝いを贈るのはマナー違反? 出産前にプレゼントを贈ってもよいケース 出産前のプレゼントの選び方 出産前のプレゼントに不向きなもの 出産前のプレゼントを贈る時期 出産前のプレゼントにお返しする際のマナー 出産前のプレゼントにおすすめの商品3選 まとめ 1.出産前に出産祝いを贈るのはマナー違反? 『出産祝い』は、基本的に出産後に贈るのがマナーです。一般的には、赤ちゃんが生まれた後にプレゼントを贈ります。赤ちゃんが生まれていない時点での贈り物は、先方にプレッシャーを与えてしまう可能性があるため注意が必要です。妊娠出産は、いつなにがあるかわかりません。出産後に出産祝いを贈ったほうが、素直に喜んでもらえるでしょう。出産後に渡せない場合は、先方の都合に配慮して渡しましょう。 2.出産前にプレゼントを贈ってもよいケース 出産前のプレゼントを渡すことで、マナー違反にならないケースがあります。以下で、解説します。 本人からプレゼントをリクエストされている 親戚や友人などで頻繁に連絡を取る間柄であり、先方からプレゼントをリクエストされている場合は渡しても問題ありません。出産前にプレゼントを渡す場合は、事前に先方にプレゼントを贈る旨を確認しておきましょう。抱き枕やブランケット、高品質なマッサージクリームなどのプレゼントは、出産前でも喜ばれるのでおすすめです。 職場を産休で離れる場合 妊婦さんが産休で職場を離れる場合、里帰りをされるなどの理由でちょうど良いタイミングでお渡しできない場合があります。産休に入る前にお渡しする場合は先方に事前のお祝いについて説明しておきましょう。 自身も出産を控えている 自分自身が出産を控えている場合は、先方と長期間会えなくなる可能性が高まります。妊娠している旨や出産の事情などを説明したうえで、プレゼントを渡してもよいかどうかを確認しましょう。 3.出産前のプレゼントの選び方   出産前のプレゼントを選ぶ際は、相手への配慮を優先することが重要です。ここでは、選び方について解説します。 高額なプレゼントを贈らない 高価なプレゼントを贈ると、お返しする際に気を遣わせるため注意が必要です。相手が負担を感じにくい額である3,000円〜10,000円以内でプレゼントにしましょう。職場でお金を集めてプレゼントする場合、1人あたり1人あたり1,000~5,000円の予算がお勧めです。出産前であることを考慮して、相手にプレッシャーを与える価格のものは避けてください。 妊婦さんをいたわるプレゼントを贈る 出産前のプレゼントは、妊婦さん目線で喜ばれるものを贈ることが重要です。妊婦さんの体をいたわる食べ物や飲み物などの消耗品がおすすめです。妊娠中と育児中どちらでも使えるアイテムを選ぶと、相手への配慮がある贈り物になるでしょう。妊娠中は気分が不安定になりやすいため、メッセージを添えて気持ちを伝えると喜ばれます。 4.出産前のプレゼントに不向きなもの 出産前のプレゼントには不向きなものがあります。以下で、避けた方がよいプレゼントを解説します。 1.安産祈願グッズ...