column

コラム

出産前にプレゼントを渡す際のマナーとは|注意点や、おすすめの贈り物も解説

出産前にプレゼントを渡す際のマナーとは|注意点や、おすすめの贈り物も解説

一般的に、出産祝いは出産した後にプレゼントを贈りますが、贈る人の事情を考慮して出産前に渡す場合があります。ただし、贈る際のマナーを守ったり、出産前のプレゼントとして不向きなものを避けたりするなどの配慮が必要です。この記事では、出産前のプレゼントの選び方やおすすめの商品、贈る時期などを解説します。ぜひ参考にしてください。 Contents 出産前に出産祝いを贈るのはマナー違反? 出産前にプレゼントを贈ってもよいケース 出産前のプレゼントの選び方 出産前のプレゼントに不向きなもの 出産前のプレゼントを贈る時期 出産前のプレゼントにお返しする際のマナー 出産前のプレゼントにおすすめの商品3選 まとめ 1.出産前に出産祝いを贈るのはマナー違反? 『出産祝い』は、基本的に出産後に贈るのがマナーです。一般的には、赤ちゃんが生まれた後にプレゼントを贈ります。赤ちゃんが生まれていない時点での贈り物は、先方にプレッシャーを与えてしまう可能性があるため注意が必要です。妊娠出産は、いつなにがあるかわかりません。出産後に出産祝いを贈ったほうが、素直に喜んでもらえるでしょう。出産後に渡せない場合は、先方の都合に配慮して渡しましょう。 2.出産前にプレゼントを贈ってもよいケース 出産前のプレゼントを渡すことで、マナー違反にならないケースがあります。以下で、解説します。 本人からプレゼントをリクエストされている 親戚や友人などで頻繁に連絡を取る間柄であり、先方からプレゼントをリクエストされている場合は渡しても問題ありません。出産前にプレゼントを渡す場合は、事前に先方にプレゼントを贈る旨を確認しておきましょう。抱き枕やブランケット、高品質なマッサージクリームなどのプレゼントは、出産前でも喜ばれるのでおすすめです。 職場を産休で離れる場合 妊婦さんが産休で職場を離れる場合、里帰りをされるなどの理由でちょうど良いタイミングでお渡しできない場合があります。産休に入る前にお渡しする場合は先方に事前のお祝いについて説明しておきましょう。 自身も出産を控えている 自分自身が出産を控えている場合は、先方と長期間会えなくなる可能性が高まります。妊娠している旨や出産の事情などを説明したうえで、プレゼントを渡してもよいかどうかを確認しましょう。 3.出産前のプレゼントの選び方   出産前のプレゼントを選ぶ際は、相手への配慮を優先することが重要です。ここでは、選び方について解説します。 高額なプレゼントを贈らない 高価なプレゼントを贈ると、お返しする際に気を遣わせるため注意が必要です。相手が負担を感じにくい額である3,000円〜10,000円以内でプレゼントにしましょう。職場でお金を集めてプレゼントする場合、1人あたり1人あたり1,000~5,000円の予算がお勧めです。出産前であることを考慮して、相手にプレッシャーを与える価格のものは避けてください。 妊婦さんをいたわるプレゼントを贈る 出産前のプレゼントは、妊婦さん目線で喜ばれるものを贈ることが重要です。妊婦さんの体をいたわる食べ物や飲み物などの消耗品がおすすめです。妊娠中と育児中どちらでも使えるアイテムを選ぶと、相手への配慮がある贈り物になるでしょう。妊娠中は気分が不安定になりやすいため、メッセージを添えて気持ちを伝えると喜ばれます。 4.出産前のプレゼントに不向きなもの 出産前のプレゼントには不向きなものがあります。以下で、避けた方がよいプレゼントを解説します。 1.安産祈願グッズ...

息子夫婦の出産祝いの相場|娘夫婦との違いや、喜ばれるプレゼントも解説

息子夫婦の出産祝いの相場|娘夫婦との違いや、喜ばれるプレゼントも解説

息子夫婦への出産祝いは、育児に必要な現金や、上質なベビー用品のプレゼントが喜ばれます。この記事では、息子夫婦に出産祝いを贈りたい家族に向けて、息子夫婦の出産祝いの相場について解説します。娘夫婦との相場の違いや、出産祝いの贈り方も解説しているので、参考にしてください。 Contents 息子夫婦への出産祝いの相場 娘夫婦への出産祝いの相場との違い 息子夫婦への出産祝いを贈る時期 息子夫婦に喜ばれる出産祝いとは 出産祝いの贈り方 出産祝いで気をつけたいポイント 息子夫婦への出産祝いにおすすめのプレゼント3選 まとめ 1.息子夫婦への出産祝いの相場 息子夫婦への出産祝いは3〜10万円ですが、家庭の事情がある場合はこの限りではありません。ここでは、出産祝いの相場について解説します。 相場は3〜10万円 親が子どもに贈る出産祝いの相場は、3〜10万円です。孫が産まれた喜びと、赤ちゃんとの新生活を始める子どもたちに向けた応援の気持ちが込められているため、友人・親族に贈るよりも高額になる傾向があります。 ただし金銭的に余裕がないといった家庭の事情がある場合は、相場よりも金額を抑えても問題ありません。高額な出産祝いを贈ると、かえって受け取る息子夫婦が心配するため、無理のない範囲で贈りましょう。 現金で渡す場合は10万円前後 現金で渡す場合は、10万円前後が相場です。予算が10万円よりも少ない場合は、現金とプレゼントの組み合わせがおすすめです。現金ではなく、プレゼントのみを贈る方法もあります。 2.娘夫婦への出産祝いの相場との違い 息子夫婦と娘夫婦は、出産祝いの相場が異なります。習わしとともに、娘夫婦への出産祝いの相場を解説します。 やや控えめにするのが習わし 日本には出産祝いの金額の差を出すことで、内孫を持つ祖父母をたてる文化があるためです。内孫とは、自分の家系の名字を継ぐ孫、外孫とは嫁にいった娘の孫のことを指します。 たとえば夫側の実家の出産祝いが10万円なら、妻側の実家は8万円を贈ります。妻側の実家として、外孫に出産祝いを贈る場合は、金額をはずみ過ぎないように注意しなければなりません。 両家で相談すると安心 両家からもらう出産祝いの金額の差が大きいと、子ども側が不満を感じたり、自分の実家から受け取った金額が少なかったことに引け目を感じたりすることがあります。そのため予算は、両家の両親であらかじめ相談して金額の調整をする方が安心です。およその目安だけでも確認できれば、贈る金額に迷わずにすみます。 3.息子夫婦への出産祝いを贈る時期   出産祝いを贈る時期は生後1か月までに贈るのが一般的ですが、希望の時期を指定されれば柔軟に対応しましょう。出産祝いを贈る時期について解説します。 生後7日〜1か月を目安にする 出産祝いを贈る時期は、生後7日後の命名書を飾ってお祝いする「お七夜」から、生後1か月に健康を祈願する「お宮参り」までの2つの行事が目安にされます。ただし最近は産後1週間ほど入院するため生後7日では早すぎる可能性、お宮参りの頃には内祝いの準備をするため、生後1か月では遅い可能性があります。ベストタイミングは生後2〜3週間です。 喜んでくれるタイミングで贈る...

二人目の出産祝いを選ぶポイントは?マナーや避けるべきものも解説

二人目の出産祝いを選ぶポイントは?マナーや避けるべきものも解説

二人目の出産祝いは、一人目のときと喜ばれるポイントが異なります。兄弟姉妹の子がさびしい思いをしないように、お揃いの服やおもちゃなどを選ぶ配慮が必要です。 この記事では、二人目の出産祝いの選び方やマナー、おすすめの商品を解説します。出産祝いのプレゼントを選ぶ際は、ぜひ参考にしてください。 Contents 二人目の出産祝いはあげる?あげない? 二人目の出産祝いの選び方 二人目の出産祝いの相場 出産祝いのお返しの相場 二人目の出産祝いのマナー 出産祝いの定番のプレゼント 二人目の出産祝いにおすすめのプレゼント 二人目の出産祝いに避けるべきもの まとめ 1.二人目の出産祝いはあげる?あげない? 一人目で出産祝いをお贈りしている場合には、二人目も贈るほうが良いでしょう。 相手との現在の関係性を考慮して判断しましょう。 2.二人目の出産祝いの選び方 二人目の出産祝いを選ぶ際は、一人目の子どもに配慮することが重要です。以下で選び方について解説します。 上の子を考慮して選ぶ 二人目の出産祝いは、上の子への配慮が必要です。兄弟・姉妹で使えるお揃いの服や、一緒に遊べるおもちゃなどがおすすめです。二人目のプレゼントのみの場合、上の子がさびしい思いをする可能性があります。出産祝いを贈る際は、他の兄弟姉妹に配慮することで、気の利いたプレゼントとして喜ばれるでしょう。安心して使えるような安全性が保証された商品は、贈る相手や子どもへの配慮が伝わるため喜ばれます。 一人目と同額のものを選ぶ 出産祝いは、一人目のプレゼントと金額に差をつけないことが重要です。二人目にはお祝いの気持ちが弱いと思われないように、同額のものを贈るといった配慮が必要です。一人目のときに出産祝いを贈っていない場合は、二人分をまとめて贈りましょう。 ただし、一人目の出産時に知り合っていない場合は、二人分を贈る必要はありません。 3.二人目の出産祝いの相場   二人目の出産祝いの相場は、相手との関係性によって金額が異なります。以下の相場を参考にプレゼントを選びましょう。 家族や親戚のように血筋が近くなるにつれて、出産祝いの相場は高くなります。上記の相場は目安であるため、負担にならない額のプレゼントにするとよいでしょう。 ただし、4万円や9万円などの、縁起の悪い数字を連想させる価格は避けてください。 4.出産祝いのお返しの相場 出産祝いのお返しは、半額〜3分の1の金額が相場です。両親や兄弟姉妹などの血筋の近い相手には、3分の1以下をお返しする場合があります。 連名で頂いたお祝いに対してお返しする場合は、1人ずつの金額を割り出して金額を決めましょう。...

友達への出産祝いにおすすめのプレゼント10選|マナーや贈る時期なども解説

友達への出産祝いにおすすめのプレゼント10選|マナーや贈る時期なども解説

出産祝いを贈る際には、他の贈り物をするときと同様にマナーがあります。この記事では、友達に出産祝いを贈ろうとしている人に向けて、友達への出産祝いにおすすめのプレゼントを紹介します。友達に出産祝いを贈る際のマナーや相場、時期、選び方も解説するので、参考にしてください。 Contents 友達に出産祝いを贈る際のマナー 友達に贈る出産祝いの相場 友達に出産祝いを贈る時期 友達へ贈る出産祝いの選び方 友達に喜ばれる出産祝いのプレゼント 友達への出産祝いにおすすめのプレゼント10選 まとめ 1.友達に出産祝いを贈る際のマナー 出産祝いを贈る際には、押さえておくべきマナーがあります。ここでは、友達に出産祝いを贈る際のマナーについて解説します。 出産前・入院中に贈るのは避ける 友達に出産祝いを贈る際には、出産前や入院中ではなく、無事に生まれたと報告を受けてから渡しましょう。出産前や出産直後の入院中は、母子ともに体調が万全といえないため、贈る時期として相応しくありません。 訪問して渡す場合、長居しない 友達おの出産祝いを訪問して渡す場合は、必要以上に長居しないようにしましょう。出産後は、母子共にデリケートな状態であるためです。大勢で押し寄せるのもストレスの原因になってしまうので、少人数で訪問するようにしましょう。 現金を渡す場合、新札にする 友達への出産祝いに現金を渡す場合は、新札を選びましょう。お祝いごとで包むお金は、新札にするのがマナーです。4万円と9万円は死や苦を連想させる数字のため、避けましょう。 2.友達に贈る出産祝いの相場 友達に贈る出産祝いの相場は、一般的には3,000〜10,000円程度とされています。ただし、友達との関係性や親密度によっても異なるので、あくまで目安にしてください。以下でパターン別の出産祝いの相場について解説します。 友達と連名で贈る場合 友達と連名で出産祝いを贈る場合は、1人あたりの金額は1,000〜5,000円程度が相場とされています。合計の相場が10,000〜30,000円程度であるため、人数や贈るものに合わせて調整しましょう。 2人目・3人目の場合 友達の出産が2人目や3人目の場合は、1人目のときの出産祝いと同額程度の金額のものを贈りましょう。何人目の赤ちゃんであっても、平等にお祝いするのがマナーです。 双子の場合 友達が双子を出産した場合は、1人分の1.5〜2倍の金額の出産祝いを贈りましょう。1人ひとりの赤ちゃんに気持ちを込めて、人数分の出産祝いを贈るのがマナーとされています。 3.友達に出産祝いを贈る時期 友達に出産祝いを贈るタイミングは、生後1週間から生後1か月までが望ましいでしょう。生後7日後は「お七夜」、生後1か月後は「お宮参り」と産後の節目となる行事が続くため、時期的に相応しいとされています。特に母子共に落ち着く時期である退院後2〜3週間頃に贈るのがおすすめです。 産後1か月を過ぎてしまった場合 友達へ出産祝いを贈るのが産後1か月を過ぎてしまった場合、お詫びの言葉を添えて贈るようにしましょう。相手の都合を聞き、可能であれば 手渡しで届けるのが望ましいとされています。産後半年〜1年以内に贈る場合は、「御出産祝い」ではなく「御祝い」と表記するのがマナーです。...

出産祝いで喜ばれる 自分では買わないもの8選|おすすめ商品と選び方

出産祝いで喜ばれる 自分では買わないもの8選|おすすめ商品と選び方

家族や友人、知人などの出産祝いに何をお渡しするかお悩みの方へ。出産祝いには、贈る相手が自分では買わないものを贈るのがおすすめです。この記事では、出産祝いを贈る際に守るべきマナーや、出産祝いに贈るものの費用相場を解説します。出産祝いの選び方や、もらって困るものも併せて紹介するので、参考にしてください。 Contents 出産祝いを贈る際のマナー 出産祝いの費用相場 出産祝いの選び方 【出産祝いにおすすめ】もらって嬉しいもの まとめ 1.出産祝いを贈る際のマナー 出産祝いを渡す方法や贈るもの、贈るタイミングには守るべきマナーがあります。以下で詳しく解説します。 贈るタイミングに配慮する 出産祝いを贈るタイミングは、産後1週間~1か月以内にするのがマナーです。出産直後は、術後の経過や退院などで忙しくなるため、出産祝いは、産後1週間を過ぎてから届くよう手配します。体調や忙しさなどは状況により変化するため、贈る相手の体調を事前に確認するのが望ましいでしょう。 出産祝いを贈る理想的なタイミングは、退院後の落ち着いた時期からお宮参りまでの期間です。新生児用のアイテムを買う時期であるため、役立つアイテムが届くと喜ばれるでしょう。 手渡しは避ける 出産祝いは、配送サービスなどを利用して贈る相手の自宅や実家に送るのがマナーです。出産後の女性は体調が崩れやすく、赤ちゃんのお世話で忙しいため、出産祝いの手渡しは避けることが望ましいでしょう。 刃物やハンカチは贈らない 出産祝いで贈ってはいけないものは、基本的にないとされていますが、タブーとされているものはあります。刃物類やハンカチは、縁が切れることや別れを連想させるため、出産祝いには避けましょう。 また、お返しに困ってしまう高価過ぎるものや、家族や兄弟から贈られる可能性がある大きなものは、出産祝いには避けるのがおすすめです。日本茶やアルコールの入ったドリンクもタブーとされているため、注意してください。 2.出産祝いの費用相場 出産祝いとして贈るものには、一般的な費用相場があります。また、出産祝いの費用相場は一律ではなく、贈る相手との関係性によって変化します。出産祝いを検討する際には、以下に記載した出産祝いの費用相場を参考にしてください。 3.出産祝いの選び方   出産祝いを選ぶ方法には、いくつかの方法があります。渡して喜ばれる出産祝いを選ぶための方法を解説します。 あると便利なアイテムを探す お風呂の際に使うアイテムや機能性の高い調理家電など、家にあると生活が豊かになるアイテムは出産祝いにおすすめです。複数あると困ってしまうものを贈る際には、事前に相手に確認しておきましょう。 お風呂グッズはこちら ママが喜ぶものを選ぶ 出産祝いを選ぶ際に、ママが喜ぶものという視点で考えるのもおすすめです。今後は子どもをメインとしたライフスタイルになるため、ママをケアするアイテムや役に立つアイテムは喜ばれます。人気なものとしては、入浴剤やハンドクリームがあります。コスメアイテムやノンカフェインのコーヒーなども人気です。 10moisのボディケアはこちら 直接欲しいものを聞く 出産祝いの贈る相手と仲が良く、話しやすい関係性であれば、欲しいものを直接聞くのも手段の1つです。こだわりがはっきりとした相手の場合には、欲しいものを確認してくれた方が嬉しいということもあります。また、直接欲しいものを確認していれば、すでに家にあるものと被ることがなく、確実に喜ばれる出産祝いになるでしょう。...

出産準備はいつから始めるのがベスト?生まれ月別[出産準備スケジュール]

出産準備はいつから始めるのがベスト?生まれ月別[出産準備スケジュール]

出産準備はいつ始めるのがベストなのか、決まりはありませんが、初めての出産であれば、一体何から手を付けていいのか、よくわからないですよね。 ギリギリで慌ててしまうことのないよう、余裕を持って準備しておきたいものです。 今回は、出産準備の進め方や出産準備品以外にも知っておきたい情報などをご紹介します。 Contents アンケートで分かった出産準備のタイミング 出産準備におすすめのスケジュール 出産準備は体調優先で いつまでに終わらせたらよいの? ベビー用品だけじゃない、出産に向けたお家の準備 里帰り出産に便利なアイテム 10moisのおすすめ出産準備リスト 生まれ月別の出産準備スケジュール パパとママ、家族みんなの出産準備 10moisで出産準備をお考えの方へ 1.アンケートで分かった出産準備のタイミング 子育て中のママを対象に、10mois公式Instagramでアンケートを実施しました。 アンケートの結果、妊娠7~8ヶ月・8~9ヶ月で出産準備を始める方が多く、臨月には出産準備を終えられているという結果でした。 妊娠7~8ヶ月頃には、個人差はありますが、体調が安定しやすく、妊娠している状態にも慣れてベビーの存在をしっかり感じられるようになります。お腹もそこまでまだ大きくなっていないため、出産準備が一層楽しく感じられることでしょう。 また、出産準備をスタートする頃はまだお仕事をしている方が半数で、日々の生活の中にプラスして、通院や出産準備のタスクも加わっている方も多いことがわかりました。 情報収集をし、購入のタイミングは事前に検討しておいた方がよさそうです。 妊娠期間は10ヶ月と長いと思われがちですが、あっという間に出産を迎えるものです。 少しずつ時間を取って、余裕をもって進めていきたいですね。   2.出産準備おすすめスケジュール 妊娠判明から5ヶ月頃までに、情報収集やリストアップをスタートしましょう。 初めて妊娠を知った喜びと、少しの戸惑い。心と身体の変化が訪れます。 家族のライフスタイルに合わせて、どんなものが必要か夫婦で話し合ったり、先輩ママに色々聞いてみたり、いろいろなものを見て検討してみましょう。 5~6ヶ月頃 店頭に出かけてみよう 個人差はありますが、体調もすこし落ち着いてくるころです。スタッフにアドバイスをもらいながら、実際の商品に見て触れて、使うイメージを確認してみるのもおすすめです。 10moisの直営店舗では一人ひとりのライフスタイルにあった出産準備アイテムのご提案をいたします。...